トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #097 Traditional beauty (2017.3.15)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#095 Traditional beauty M&M

 Once upon a time・・・。

 会津に住んでいたころ、会津のやきもの・会津漆器・会津木綿と、集めるのが趣味になっていた。ご近所のみなさんはその道に精通していて、情報には事かかない。ありがたい事で、窯元や会津漆器の問屋さん、塗師さん、木地屋さん、会津木綿の織元さんなど、広く知り合う事が出来た。その方々のお話しはとても新鮮で、伝統を守る思いが静かに伝わって来た。そんな中、ひとつのやきものが思い出深いものとなる。

 会津三里町(旧会津本郷町)。
 自然豊かな、会津本郷焼のふるさとである。

 そのやきものとは、会津本郷焼富三窯四代目故佐竹富三さんの磁器である。
 伝統工芸士としても、後進の指導にあたられていた方である。

箸枕と酒呑


 

花瓶 

ぼってりとした
フォルムが愛らしい


 少しだけ歴史を紐解いてみると。

 富三窯は、1893年、保科正之が弓隊を配して開拓した御弓新田集落(現在の新町)の唯一の磁器の窯元で、その窯元となった佐竹富太郎の次男富三郎が分家し、富三窯を開窯したのである。また、会津地域のやきものは、1593年、蒲生氏郷が播磨国(鳥取県)から瓦師を呼び、会津若松城(現鶴ヶ城)の黒瓦製造が盛んになった事が発端と言われ、その後、会津藩主保科正之公のご用達窯として栄える事となる。1647年に尾張国瀬戸出身の水野源左衛門が陶器制作の基礎を築き、1800年には佐藤伊兵衛が磁器を成功させるなど、現在の会津本郷焼きの原型を築く事となり、現在まで、陶器・磁器の産地として長い歴史を誇るのである。

 さて、話は富三窯に戻る事にしよう。

 富三さんは、日本原産の花椿の絵柄で知られ、知っている方もおいでかと。ぼってりとして、やさしい。この椿、古来は「吉兆のシンボル」として、邪気、悪魔払い、吉兆と長寿、縁結びと、めでたい花木とされていたようだ。富三さんが描く椿が藍色に染まると、とても凛とした表情になる。そして白磁の白は、まるで降り積もる会津の雪のようにも感じる。

楚々として美しい


 

思いがあふれますね

 少しずつは集めてはいたものの、どうしても白磁に藍が染まる茶器セットが欲しくなった。オーダーする時ちょっと勇気がいったが、会津の思い出にと思い切ってお願いする事に。多分絵柄はおまかせだったような気がする。出来上がって来たその桐の箱には、丁寧に一筆一筆書かれた文字が。内側にも送る相手を思う文面。中を見れば、心洗われるような、それはそれは澄み渡る白に牡丹。本当に、富三さんに感謝。

茶器 勢ぞろいです

茶器

白の美しさ



茶器

北欧テイストにもマッチする雰囲気


 平成11年弥生。大切な思い出の一品である。この本郷焼だけではなく、多くの伝統美がこれからも受け継がれていくことを願って。

 と、ブログはここで終わりなのだが・・・。
 ちょっとおまけ的なお話。

 私のいる仕事部屋は、「力士部屋」とか「相撲部屋」とか、ちまたで呼ばれているらしい。まぁ、確かに迫力満点である。内線でも時々「親方いますか?」とか、「横綱いますか?」というやりとりが繰り広げられる。このテーマでブログを書こうと思ってるんですが、本郷焼の歴史とか、解ってないんですよね・・・。と部屋で話していた時の事。

  親方:図書室に「会津のやきもの」って本ありますよ。

  私:おおっ、そうなんですね。見てみます。

  と言いつつ、行かないまま数日経った頃。

  小結:これどうぞ。

  なんとその本を持って来てくれた。おおおっ!!優しい~!

  おかげさまで、読みやすくてちょっと解った気になってる自分がいる・・・。

 そんなこの部屋。

 ・親方:部屋をまとめる縁の下の力持ち。ジャンルを問わずの知識には脱帽。さすが。いろんな場面で
     頭が下がる思いです。

 ・横綱:雅なご出身だがなぜか迫力満点。角界では珍しい?縦縞のスーツが似合う理論派である。

 ・小結:グローバルな視点で、こちらもあらゆるジャンルを猛特訓の日々。投げられても「もう一番!
     」と立ち向かう姿が成長著しい。三役(関脇)昇進に向かってファイト!すみぺっ!

 ・立行司:お江戸からの巡業中。写真撮影のセンスが抜群。今までにないオシャレ感。まさかの音楽の
      話が出来て満足!

 ・相談役:現役引退後もなお、レジェンドとしてご活躍。最近は若手の育成に、力を入れているご様子
      。すぐに色々相談できるのがありがたい。まぁ、長いお付き合いです。

 まさに「気は優しくて力持ち」の部屋である。さりげないやさしさを、みなさんありがとう!

        最後に、今月オススメの1曲 never young beach-明るい未来


 (管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見