トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #094 今年度のあれこれ (2017.2.24)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#094 今年度のあれこれ デイダラボッチ

 もうすぐ今年度も終わりです。
 振り返ってみると、とても濃い1年間でした。
 もちろん自分にとって、良い事やうれしい事がたくさんありました。
 しかし、今年度は予期せぬハプニングに多数見舞われた一年だったと思います。

 5月、出張先の南相馬市で財布を落としました。しかも気づいたのが福島に帰還する金曜日!財布の中には現金の他に、身分証明証やカード類が一式入っていました。幸いその日の夕方になって、泊まっていた宿のご主人が発見してくれました。しかし次に南相馬に行くのは次週の月曜日。無一文で週末を過ごすハメになりました。

 10月、県の考古学会が終了して帰宅したところ、なんと玄関が水浸しに!天井からエラい勢いで水が滴っているじゃありませんか。さらに壁紙が水で浮いてしまい、みるみるうちに剥がれてきました。原因は上階の配水管の老朽化だったそうな。慌てて上の階に行きましたが、残念ながら住人は不在。管理会社に電話したところ、「週末なので担当者がおりません。月曜日までお待ち下さい。」と衝撃の返答。このまま水が滴ったまますごせるわけは無いので、必死で交渉。上の階の住人がいないので、元栓を締める許可を貰ってとりあえず一件落着……と思いきや、修理のために天井に業者さんが入ったら、以前の住人が残していったと思われる大量のゴミを発見。結局すべて解決するのに1カ月近くかかりました。

 2月、強風で吹き飛ばされてケガをしました。体が宙を舞い、あちこち叩きつけられたのに、軽傷で済んだのは運がよかったとしか言いようがありません。しかし、かなりの衝撃を受けて体のバランスが崩れたのか、肩こりやら筋肉痛になりやすくなった気がします。

 そして、このブログを書いている今、急性胃炎で2日ほどまともな食事が取れていません。

 

 「来年度はもう少し落ち着いた1年間になるといいな〜」と思いながら、「多分もっと大変な一年になるだろうな〜」と思う今日この頃。

今年の運勢

 う~ん 微妙!

 


 おい、ホントかよ! 何とも凄まじい一年だったんだな…。財布落として週末のメシが食えなかったなんて、相談しろよ!すぐに貸してあげたのに。(多分・・だけど)

 「水浸し事件」の顛末なんか、まさに手に汗握る展開。このままパニック・ストーリーに仕立ててもいいくらいの話。そして見事なオチ。最後のおみくじでまたまた二段オチ。

 う~ん…もしかすると、そっちの道に進んだ方が成功するんじゃないのか。

  ←(ドッチの“道”だよっ!)

 (追伸)本室では、この原稿をみんなで読んで大笑いしました。(管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見