トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #093 らん! ラン! 蘭? (2017.2.7)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#093 らん! ラン! 蘭? 吉野 勤也

 小さい頃から花の咲く草木が好きである。

 園芸が趣味!というほどではないが、派手な花から慎ましやかな花まで、いろいろと楽しんでいる。

 今は、ランの季節。カトレアや胡蝶蘭、シンビジュームなどの花が咲く時期である。

 我が家のランも元気に咲いている。

やっと咲いたカトレアです。

 以前からランを買ってきて楽しんでいたが、何となく放置して枯らしてしまうことが多かった。

 枯れないまでも、元気がなく花も咲かないままでいた。

 そんな、ランの姿を見ていてかわいそうになり、数年前からちょっと気合を入れて手入れをしてみた。

 くたびれた株をいくつかに切り分け、新しく植え替えてみたのだ。

 そのやり方は、たぶん専門家にしてみれば、かなり強引で、お叱りを受けるかもしれない。

 植え替えの時期もちょっとずれていた。

 ランも悲鳴を上げていたかもしれない。

 ところが、意外なほど株はどんどん成長し、なんと花を咲かすようになったではないか。

 これにはものすごく感動した。

ミニカトレアです。

 

これもミニカトレアです。

 

ミニ胡蝶蘭です。

 これに気を良くして、実家の放置されたシンビジュームと胡蝶蘭をもらい受け、手入れをした。

 そしたら、これもうまくいった!!

 な~んだ!結構大丈夫じゃないか。と、最近ちょっと調子に乗っている。

 当然、お店に売っているような、見栄えのする立派なものではないが、一生懸命きれいに咲いてくれるのがうれしい。

つぼみがパンパンの
シンビジューム

 今シーズンも順調に開花している。

 今はカトレアが次々と開花している。

 シンビジュームと胡蝶蘭もつぼみがパンパンになってきた。

 まもなく、咲き出すこと間違いなし!

 まだまだ楽しめそうです。


 凄いですね、一度枯れかけた花を復活させるなんて。

 僕は庭木や地植えの花はやるんですが、室内栽培は全くだめ。成功したことなし。

 ほら、クリスマスの季節なるときれいなシクラメンとかの鉢植えがいっぱい店頭に出てくるじゃないですか。で、ついつい購入してしまう。

 ところが、すぐに枯らしてしまう。水をこまめにやったり太陽光当たるようにしてるんだけどなぁ。やっぱり、喫煙の煙が部屋に充満してるせいかなぁ…。←(それだよ、ソレ!!)

 (管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見