トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #085 コーヒーとわたし (2016.12.22)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#085 コーヒーとわたし S・S

 実は無類のコーヒー好きです。

 飲むのはもちろんですが、いろんなスイーツでもコーヒー味にも目がなくて、今年はゼリーにハマりました。夏に食べた笹谷にある「ラパンドール」さんのコーヒーゼリーは、濃いめのゼリーの上に甘いクリームがたっぷり乗っていて個人的に大ヒットでした。それから駅前通りにある「珈琲グルメ」さんのババロアも時々無性に食べたくなるし、ソフトクリームは断然ミックス派です。

 一般的には体に悪いイメージがあるコーヒーですが、一日4杯程度なら発がんリスクの減少、ダイエット効果、リラックス効果、二日酔い改善など、意外にも良い効果もたくさんあるようです。

 おいしいコーヒーを喫茶店などでいただくのももちろん良いのですが、ここ何年かはドリッパーやら注ぎ口が細いポットやミルなどの道具をそろえて、自宅で淹れたての味を楽しんでいます。

 そうは言うものの、そこはやはりど素人。薄すぎたり濃すぎたり、間違って好みとは全然違う苦い豆を買ってしまって後悔することもしょっちゅうですが、そんな失敗すらも楽しいものです。

・豆は豆の状態のものを買います。
 密封された容器がない場合は冷凍庫で保管します。
 そうすると風味がある程度保たれるそうです。

今回は山下町の事務所から歩いてすぐの
「珈琲舎 雅」さんの豆を使用しました。
ここの豆はどれも新鮮で
とても 飲みやすいです。

・飲む分だけミルで挽きます。
 電動のミルはボタン一つで簡単に挽けますが、コンセントに差したりするのが面倒だし、
 いつも少量しか淹れないので、私は小さな手動のものでゴリゴリ挽いています。

スリムでコンパクトなミル。
本当は山登りした時に使いたくて
買ったのに、その目的はまだ一度も
達成されていません

・お湯は沸騰してすぐは熱すぎるので少しおいてから。

・挽いた豆の真ん中にお湯を少しだけ注ぐと、豆がムクムク~と盛り上がってきます。
 焦らないでひとまずポットを置いて、じっくり蒸らします。

ここがいちばんテンションあがる瞬間!

いい香りが部屋中に広がります。

・盛り上がったムクムクを崩さないように、少しずつ円を描くようにお湯を注いで・・・
 出来上がりです。

 以上、私なりの淹れ方をご紹介しました。

 丁寧に淹れたコーヒーといっしょなら、コンビニのおやつやスーパーで見切り品になったプリンなんかもおいしさ倍増、特別なデザートなるような気がします。 

 興味のある方、ぜひお試しください。


 敢えて手間をかけてコーヒーを淹れる・・・その行為や過ぎ行く時間自体がとてもリッチなことのような気がします。

 で、コーヒーのアテには・・・そうですね、ババロアはとてもいいですね。

 ん、待てよ。そう言えば、僕のサイトで友人のアンブレラあつしが書いていたっけ。

『昔、学校で年配の女性校長に教頭としてつかえていたころ、給食の献立を聞かれたので「ババロアですよ。ばばろあ」と返答したら、むっとした顔をされてしまった。

 他意はないのだが誤解されたようで、その後は意図的に校長先生の着ている洋服とか髪型など誉めたのだが機嫌は直らなかった。』(以下省略:アンブレラあつしの「風に吹かれて」より)

 ・・・そうですね、イントネーションに気を付けないと、どんなトラブルが待っているか分かりませんね。くわばらくわばら(笑) (管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見