トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #080 書店 (2016.10.17)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#080 書店 Crane

 大学生頃から、書店によく行くようになりました。

 大学の近くには大きな書店がたくさんあり、神保町という大規模な古書店街もあったので、 ちょくちょく足を運んでいました。

 いろいろな種類の本があり、暇な時には今でもよく書店に行っています。

 ただ、福島に引っ越してきてから、少し満足できていない点があります。

 福島市内には古本屋がないことです。

 福島に引っ越してきたとき、市内のどこに古本屋があるのか探しましたが、歩いて探しても、インターネットで検索しても見つかりません。

 まさか、ブックオフ以外の古本屋がないとは思いませんでした。

 仕方がないので、古い専門書を探すときはアマゾンや日本の古本屋にお世話になっていますが、掘り出し物を探すときは、実際に書店に行くことが多く、今でも年に数回は神保町に行って古書店めぐりをしていたりします。

 神保町は三省堂や書泉グランデなど品揃えの豊富な大規模書店も多く、色々な本を探す楽しみがあります。

 願望としては、福島市内にももっと規模の大きな書店や、古本屋ができてほしいなと思っています。

神保町の書店

いい雰囲気です



 ほんとに古書店って見かけなくなりましたね。ブックオフのようなマンガ本主体の古本屋はまだあるのですが。

 でも「小学二年生」まで廃刊になるなど、定期出版物がどんどんなくなっているし、(マンガ本を含め)紙の出版物自体が売れなくなっているようで、この先どうなっちゃうのか心配です。

 ・・と思ったら僕自身、この一か月で購入した(無料本含む)50冊くらいの本は全てKindleのダウンロードでした。犯人はお前か! ←(あらららら…)

 (管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見