トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #051 気になるネコ (2015.9.4)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#051 気になるネコ 干しイモ一年分

 ネコ好きです。ていうか動物好きです。

 小さいころからイヌやネコが家にいて、小学生のころにはウシも飼ってたんで身近に生き物がいるのが当たり前で。

 あ、そういえばニワトリとかウサギもいたな。

 街に動物は少ないから、自由に動き回ってるネコにまず目がいくっていうことかもしれない。

 まあ、見つけたところですぐ逃げられちゃうのがオチなんだけど。

 写真家の岩合光昭さんみたいなワケにはいかないですよ。

 それでもまあなんとか写真に収まってくれたネコたちもいたんで、ご紹介しましょう。

 最初は阿武隈川の土手にいた白ネコ。

 舗装された道路のまん中にドテッと寝てたんで、写真撮ろうと思ってそぉ~っと近づいたんだが、もうちょっとのところで気づかれてしまった。

 突然起こされたんでムッとしてる。

 顔のまわりをなでてあげて、なんとかご機嫌をとったのでした。

阿武隈川の土手の上で。

毛並みがウツクシイ。

 黒茶ブチは白ネコの近くで一緒に寝てた。

 ただしこっちはかなりのビッグサイズ。

 白ネコが足元をチョロチョロしてるとき、黒茶はワタクシが気に入らないらしく土手の下へ降りてってしまうんだけど、のっそのっそと動きがなんともスローで… 

 大きなお世話だろうけどさぁ、ちょっと食べすぎだよぉ。

白も黒茶も毛がツヤツヤ。

飼いネコなんだろうな。

それにしても大きい!

顔こわいよ。

 次は、南相馬市のラーメン屋さんへ行ったとき見つけた黒ネコ。

 身軽なヤツで、最初は道端をふつうに歩いてたのに気配を察してかスバヤイ身のこなしで店の裏手へとダッシュ。

 すました様子なのは、狭すぎて人が入れない場所ってわかってるから。

 くやしいがここはムリだ。近づけない。さすがだよなぁ。

原町駅前のサッポロラーメンたき。

今度行ったらカレーラーメン
食べるって決めてます。

だって常連さんがみんな食べてて
おいしそうだったんだもん

 最後は黒トラ。

 5月に南相馬市で発掘調査が始まって、初めて原町の旅館に泊まった朝のこと。

 調査はこれからだし、まだ宿にも慣れてなかったから落ち着かない気持ちでロビーでコーヒー飲んでたら、ガラスの向こうにネコが!

 あわててぐるっとあたりを見回して人がいないのを確認したのち(はずかしいからね)鳴きまねして呼んでみると、なんとこっちを見て歩いてくるではないですか!

 うれしくなってずっと見てたら、ガラスの前まで来てストップし、ワタクシの方をまっすぐ凝視…  

 カメラで写真撮ろうが手振ろうがそのまままったく動かない。

 何かもらえるかなぁーとか、撫でてくれるんかな?みたいなのじゃない表情。

 ちょっとタダナラヌ雰囲気だ。

 なんか、こう言っている感じ。

 「おまえ、このあたりじゃ見ない顔だな」って。

 バレたかぁ。気持ちが見透かされてしまったらしい。

 はいそのとおり、ここに来るのは初めてなんです。

 しばらくお邪魔しますんでよろしくお願いしますね。

…そんなに見ないでよ(汗)

 黒トラはこのあとくるっと後ろを向いて、別に急ぐでもなくスタスタとさっき行こうとしてた方向に歩いてった。

 行先は、やっぱりネコの集会なのかも。

 で、集まったほかのネコたちにコトの次第を報告すると。

 じゃなきゃ、「ルドルフとイッパイアッテナ」に出てくるイッパイアッテナみたいな大きなネコへ知らせに行ったのかもしれない。

 「いつもゴハンもらう白い建物のところにさ、見慣れないニンゲンがいたよ」とか。

 最近はほかのホテルに泊まってるんでこれっきり黒トラには会ってない。

 このときはまだコドモっぽかったから、少しはオトナになったろう。

 今もあの旅館に来てるかな。

 ちょっとだけ、気になるんだよなぁ。

 そうだよな~ きっと「ルドルフとイッパイアッテナ」みたいな・・・ 何だよ「ルドルフとイッパイアッテナ」って!? ・・と言うことで調べてみました。

 ナニナニ・・1991年のNHK教育テレビ(Eテレ)の「テレビ絵本」でやってたアニメ。ほぅ・・語りは毒蝮三太夫だって?(懐かしい・・)

 いやぁ全然記憶にない、ってか見てない。だからイッパイアッテナをイメージしようもない。

 ~とお嘆きの貴方、そう、そこのアナタ。ご心配メサルナ、2016年に劇場アニメ化予定だそうです。うん、これでダイジョブ。←(ずいぶん先だよ!)

 ということで、次回はUさん。この前、原稿を読み直してたのを覗きに行ったら隠されたので何が出るのか分かりません(笑)

 とにかく、こうご期待!←(投げやりだな)  (管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見