トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #048 毎日が極楽デー (2015.7.31)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#048 毎日が極楽デー A

 週末の夕方の解放感は、格別だ。発掘調査期間中は、なおさらである。

 そんな私にとって、帰宅途中に立ち寄れる福島駅構内の銭湯は本当にありがたい。

 暖簾をくぐって湯船に浸かり、汗を流すと、気分はもう極楽。

 帰宅して飲む、キンキンに冷えたビールがとにかくうまい!

 ここに来ると、いろんな職業や年齢の人に出会えるし(たまには職場の人も)、お互い名前は知らないが、目が合うと会釈する間柄の常連さんも数人いる。

 こんなところが、また楽しみの1つだ。

「極楽」への入り口

 さて、7月から現場が近場(伊達市)へ移り、毎日自宅通勤することになった。

 ところが、この連日の猛暑である。汗だくのシャツのまま帰宅するのはどうにも気持ちが悪く、銭湯の誘惑に勝てるはずがない。

 そんなわけで、今年は暑い夏が終わるまで、毎日が極楽デーなのである。


 

 いや~ホントに今年の夏は暑いですねぇ・・連日の猛暑で汗をかいた後、銭湯に行きたくなるのは必定!

 で、本文にある『たまには職場の人も』というのは、実は僕の事なんですね~エヘン!←(いばるトコ?)基本、毎週行っているので「A」さんとも何度かニアミスしました

 この極楽湯のいいところは「アカスリ」があること。福島市内ではココが便利です。(カッパ王国にもあるようですが、チト遠い。)

 アカスリ気持ちいいですよ~心も身体も軽くなる。←(身体?そんなに垢が出るのか!?)

 ということで、次回は大型新人が登場です。こうご期待!(管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見