トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #041 ここがちきゅうのほいくえんか (2015.6.9)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#041 ここがちきゅうのほいくえんか KH3

 これから迎える梅雨シーズン。

 こんな本を読みながら、お家で過ごすのはどうでしょうか。

 といっても難しい本ではありません。

 ひと笑い欲しいとき、ちょっとだけ時間が空いたとき、難しい仕事・忙しい主婦の合間の気分転換にと、さらっと読んでいただけるものです。

 私自身、小さな頃から“字”を読むのが苦手でした。もちろん必要最低限の本以外は読まずに過ごしてきました。

 小学校の頃、付録だけのために「リボン」という少女漫画を買い、漫画は姉に献上。

 いま思えば、姉は毎月「なかよし」と「リボン」を手に入れ、一度で二度オイシイ生活を楽しんでいたのです。

 そんな私が本を紹介するのはちょっとおかしいのですが、今年本屋さんで出会い、たまたま手にした本を紹介します。

 それは、、、

「ほぉ...、ここがちきゅうのほいくえんか。」です。

本当に、笑って、泣けて、止まりません

おすすめです

 もうすでにご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、てぃ先生という保育士さんが保育園での日常をツイッターでつぶやいていたのが話題となり、書籍化されたものです。

 アナログ人間でもある私が、そんな話題になっていることを知る由もなく、、

 たまたま手にとって、2・3ページめくり、レジへ直行!

 私の人生で今までにはほぼ無い行動なだけに、驚きとワクワクがとまりませんでした。

 読み進めていくと、顔はゆるみっぱなし、笑いあり、ちょっとじんわり心暖まるエピソードあり、大人顔負けの発想に感心させられたりと、すっかり保育園の世界に引き込まれました。

 そして目の前にいる我が息子にももっと優しくしなければ、、、と反省もしつつ、幼稚園時代を思い出し、かわいかったなぁ~と振り返りました。

 現在‘巷で話題の妖怪‘にとりつかれた小学生の息子が二人おります。

 まだまだかわいい時ですが、小学校前のかわいさはまた格別なもののような気がします。

 きっと過ぎてみるとまた違う愛らしさが見えるのかも知れませんね。

 さて、ここでちょっとだけ本の中身をご紹介!

 

 題名  究極クイズ

 さくら 「せんせい、クイズね。いまわたしはなにをしているでしょうか」

 先生  「うーん・・・・・ 遊んでる!」

 さくら 「ぶっぶー! せいかいは『せんせいにこいしてる』でした」

 予想外の答えに不覚にもドキッとしました。

 

 題名  小さなヒーロー

 先生  「お顔どうしたの?」

 なつ  「ちょっとてこずってな・・・・・」

 先生  「なにと戦ってきたの?」

 なつ  「せんせいを きけんなめにあわせることは できない」

 小さなヒーローは毎日が戦いと冒険です。

 

 題名  ご名答

 女の子 「せんせい、どーしたらおとなになれるの?」

 先生  「うーん、 20歳になったらかなぁ」

 はる  「・・・・・『こどもになりたい』とおもったら じゃない?」

 本当にそうかもしれない。

 

 こんな感じでこの本には保育園の日常の名言が、それを生み出すエピソードとともに綴ってあります。

 また、どんな子供かも解説してあって、その子を知ってから読めるので、かわいい世界へどっと引き込まれます。

イラストもかわいらしいです

 とってもかわいい、素敵な名言はまだまだあります。

 そしてなにより、てぃ先生の子供に対する思いがたくさん詰まっています。

 みなさんも‘ほっこり’したい時にいかがでしょうか。

 そうそう、この本の題名にも面白かわいいエピソードがあるんですよ~!

 

 そしてもうひとつ、素敵な電車を紹介して終わりにしたいと思います。

 それは、、

 走るカフェ「フルーティアふくしま」です。

 4月からの福島デスティネーションキャンペーンで登場した列車で、郡山~会津若松を結ぶ磐越西線で運行しています。

 車内では福島のおいしい果物を使ったケーキやジュースを味わいながら、目的地まで快適な旅が楽しめます。

 超人気!プレミアチケットです

気になる方、予約はお早めに

 私はこの夏の目標の1つをこれにして、日々の仕事を頑張っていこうと思います。

 

 

 てぃ先生と保育園の子供たちの会話、素敵ですね。

 でも『ご名答』の「どーしたらおとなになれるの?」の答えは一瞬考え込みました。

 「こどもになりたいとおもったら」・・・?

 ・・・・・・??

 ・・・・・・・あ、そか!

 こどもは「こどもになりたい」と思わないんだ。既にこどもだから。

 この間、1.5秒 ←(ホントか?)

 深いなぁ・・子供の話は。うんうん。

 ということで、フルーティアふくしま号号もお奨め!是非この機会に。

 次回は女性四人連続シリーズのアンカー、Hさん。よろしくお願いします!(管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見