トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #028 いつかはハーレー乗り (2015.2.9)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#028 いつかはハーレー乗り こんの

 「バイクに乗りたい。」 私が初めて そう思ったのは、数年前に見た映画で登場人物がバイクに乗っているシーンを見たときでした。

 でも「どうせ私にはムリだし。」と、実際に行動を起こすことは無く、 その時の気持ちも記憶の彼方へ… バイクとは無縁の生活を送っていました。

 ところが昨年、すっかり忘れかけていたバイクへの憧れに再び火がつきました。 ある人の影響です。その人は、バイクの免許を中型も大型も持っていますが、現在乗りたいバイクに乗れていないという状態でした。

 それでも「こんなバイクに乗りたい」とか「ツーリングであんな所に行ってみたい」と 熱心に話してくれる姿に、私に中でムクムクと大きくなる気持ちが…

 「バイクに乗りたい!!」

 今度は迷いはありません。というより迷う前に行動しなくては!! 教習所を紹介してもらい、すぐに入校の手続きへ。

 その教習所では、女性は最初から大型の教習は受けられず、まずは普通自動二輪(中型)からということで(本当は大型に乗りたいのですが)、私も中型の教習を受けることに。

 平日は無理なので、毎週土日に教習所へ通うことにしました。

バイクに乗りたい!!

 緊張しながら初めての技能教習へ行くと、職員さんが丁寧にプロテクターの着け方などを教えてくれます。

 すこし緊張が緩んだところに教習担当の先生が登場。 また緊張…。

 そしていざ教習が始まると、かなりの衝撃を受けました。 バイクってこんなに重いの!? バイクに触ったこともなかった私は、車体の重量もまったく想像がつかなかったので、 本当に驚きました。

 普通自動二輪の教習車の重量は約200㎏。 倒れたバイクを起こす練習から始まったのですが、ビクともしません。 何度やってもムリ…。

 みかねた先生が手伝ってくれて、ようやく起こすことができたのも束の間、 起こしたバイクを支えられず、スタンドも立てられず、反対側に倒れるバイク。

 初回の教習は、ほぼ何もできず 残ったのは傷だらけのバイクとアザだらけの私と筋肉痛。 本当に免許とれるのかな… 不安になりました。でもせっかく始めたのに絶対やめたくない。

 周りの人に「教習どう?」と聞かれるたびに、 「楽しいよ、全然平気。」と強がって自分を奮い立たせ、教習所に通い続けました。

楽しいよ、全然平気。

 その後、なんとか走れるようになったものの教習は転んでばかりでした。 乗ろうとして転び、ブレーキをかけて転び、曲がれず転び、降りようとして転び…。 しかも転んでも自分でバイクを起こせず、先生に起こしてもらってばかり。

 「すみません、すみません」と謝る私に、先生は「謝らなくてもいい。バイクの教習は転ぶ練習なんだから。」と根気強く教えてくれました。

 そんな優しい先生方の教えで、本当に少しずつですが上達し、転ばなくなり、 クランクやスラローム、一本橋などの課題もクリア。 自分の思い通りに走れるようになりました。

 最初はどうなることかと思いましたが、無事に卒検も合格。 普通自動二輪免許を取得しました。教習所の皆さんには本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございました。

 しばらくしたら、大型免許にも挑戦したいと思っています。

 そして、いつかはハーレーに乗りたいです。

 (こんの 2015.2.9)


 ひょえ~ そういう趣味があったとは想像も付きませんでした。

 だって、しとやかでおしとやかで… ←(動揺して同じこと繰り返してる)

 職員ブログを始めて面白かった事は、普段はうかがい知ることもできないような“別の顔”を見せてくれることですね~(うんうん)

 次回はKMさんが登場!どんな異世界を見せてくれるのでしょうか?(管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見