トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #025 知行合一 猪突猛進! (2015.1.7)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#025 知行合一 猪突猛進! こまり

 生来、とにかくなんでもやってみないと気が済まない性分である。

 思いついたら即行動の猪突猛進型のため、ついたあだ名は『大和の弾丸娘』。今のところ、名誉あるあだ名として受け取っている。

 そんな弾丸娘、昔から古代の技術の再現が大好物である。

 最近では、再現実験というにはあまりに烏滸がましく、学術的根拠に乏しいが、弾丸娘故の無鉄砲な思いつき実験を色々と行っている。

 石器を作れるようになりたいと、某氏に弟子入りし日々鍛錬したり。

コツコツと・・石器作成修行中

 みずらを結いたくなったなら、みずらの出土を調べ、報告書から参照して結ってみたり。

見返らない美人♪

(衣装の再現も必要か・・?)

 縄文時代の道具で釣りをしたいと、鹿角で道具を作成したり。

これで大漁! ふっふっふ・・

 せっかく縄文釣りをするなら、魚は石器でさばいて…火起こしをして…など夢が膨らんだため、現在、友人を巻き込んで縄文キャンプ決行に向けて準備進行中である。

 他にも、クッキー状炭化物(いわゆる縄文クッキー)を作ってみたり、苧麻から糸を撚ってみたり…思いついたら無節操に試している。

 これらの思いつき行動から、『この行動にはこの道具が必要ではないか』『最低何人必要であったか』『当時の植生や環境から考慮するとどうか』『ほんとうにこの素材で耐えうるのか?』などの疑問が次々と溢れ出してくる。

 浅慮でも、この先の学術的考察に向けての第1歩としての行動である、と誰にともなく言い訳しながら、今日もまた無鉄砲な思いつきに興ずるのである。

 (こまり 2015.1.15)

 

 ええ~縄文キャンプ!・・・しかも無人島で?! ←(言ってない)

 恐るべしっ、大和の弾丸娘!!

 ということで、次回は、遺跡調査部のアニ・ソン女王が登場!(管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見