トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #021 今の私の心を掴んで離さないもの… (2014.11.17)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#021 今の私の心を掴んで離さないもの…  きゃべつ

 ついに回ってきてしまったリレーブログ…何のことを書けばいいのかわからないので、とりあえず今ハマっていることについて語ろうと思う。(オタク話につき閲覧注意)

 昔からアニメが好きな私だが、正直、「キャラクター」は好きでも「声の人」までは興味がなかった(考えた事もなかった)。

 しかし大学生時代、友達から「この声優さんのアルバム良い曲だよ!」と勧められ、聴き始めたのが、「声優」にハマるきっかけになった。

 おかげで今では、好きな声優さんが演出している「イベントDVD」や、「DJCD(ラジオCD)」、「シチュエーションCD」等といったものを買い漁りすぎて今やCDやらのグッズがものすごい量になってしまった(笑)

今まで買ったDVDやらCD等々の数々…

(※ごく一部)

 今年は別な声優さんにハマり、声優さんの「トークイベント」にも参加している。

 基本は東京で開催されることがほとんどで、多いときには月に2回出演していることもあるが、さすがに懐の問題でそこまで行くこともできないので、2ヶ月に1回開催されている定期的なトークイベントにのみ参加している。

 3回参加しているおかげで顔なじみも増え、声優について語れる友達が増えてイベントに行くのがさらに楽しみになった。

 声優さんのライブイベントには何回か行ったことはあったが、トークイベントに行くのは今年が初めてで、最初はただただ話を聞くだけだと思っていたのだが、その考えが見事に覆された。

 会場の中に入り指定席に着くと、椅子にはそのイベントのテーマに沿ったアンケート用紙が置かれていて、それを書いて会場に置かれている回収ボックスに出して運よく読まれた人は、ステージから声優さんが下りてきてくれてそのアンケートを書いてくれた人の所まで行って、そのアンケート内容に沿って、質問や回答をしてくれるというサプライズをしてくれた(勿論、イベントによって異なる)。

 ちなみに私はまだ読まれたことはないので、いつか読まれたいと切実に思っている。

 そして、声優さんがステージに降りるということは、自分たちが座っている席の脇を通るということ…特に前の席はもちろんだが、通路側に座れた人は運がよく、脇を通ってくれれば一瞬でもダイレクトに声優さんの姿を間近で見る事が出来る。

 私も1回だけ前の方で通路側の席に座れたことがあったが、その時の緊張感は相当なもので、あまりに嬉しくて感極まって泣いたこともある。そのくらい、私の中で「声優」というものは癒しの存在なのである。

毎度この貼り紙の前で写真を撮っては
顔なじみと語りながら待機している私

 これ以上語ると引かれそう&話が止まらなくなりそうなので終わりますが…もし、「私も声優が大好きだ!」という方が居たら是非語りましょう(笑)

 長々とオタク話を失礼致しました(土下座)。  

 

 うっへぇ~声優萌え・・・全然知らんかった。職場の中には、知る人ぞ知るアニメ・テーマソング萌えの某女史もいらっしゃるので、話が合うかもしれませんね。

 次回は来週11月下旬に、新婚さんであるSさんが登場予定!(管理人:葉羽)

        
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見