トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #019 ストイック萌え (2014.10.27)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#019 ストイック萌え  渡邉 菜月

 初めまして、新人のなっちゃんです。

 勤め始めて、1か月が経ちなんとか仕事の流れとかを覚えてきたところです。仕事の話は禁止ってことなので、私の趣味の一部を紹介したいと思います。

 最近私は、洋画や海外ドラマを見るのにハマっていて週末になると車を走らせTUTAYAにレンタルしに行きます。見るジャンルは偏っていて、戦争・ホラー・ミステリー・サスペンス・SFものなのです。

 その中でも特に好きなのがドラマ版『ハンニバル』です。

TSUTAYA

 ドラマ版は『レッド・ドラゴン』の登場人物を引き継いだオリジナルストーリーとなっており、来年には第2シリーズが始まります。

 『羊たちの沈黙』『レッド・ドラゴン』以前のお話なので、ハンニバル・レクター博士は、FBIで優秀な精神科医として働いています。

 そのレクター博士を演じるマッツ・ミケルセンが、若かりし頃のレクター博士にピッタリなんです!演技はもちろんのこと、一つ一つの仕草が全て美しいんです。

 個人的に、マッツは良い役より悪役が似合うなって勝手に思っています。このドラマでマッツに惚れてしまったので、マッツ出演作を全部見ようと考えてます(笑)

HANNIBALのポスター


 最近は『戦場のピアニスト』を見ました。第二次世界大戦中のワルシャワが舞台で、ユダヤ系ポーランド人のピアニスト・ウワディスワフ・シュピルマンの体験記を脚色して作られた映画です。

 ピアノを弾く能力しか無い彼が、ナチス政権のユダヤ人虐待が多く行われている中で生き残れるとは正直思っていませんでした。終盤のシーンは思わず泣いてしまいました(;-;)

 単純な理由ですが私が海外の戦争映画を見るのは、この時代の出来事に興味がある事(文化・世界情勢etc..)と、各国の軍服を見るのが好きだからという理由で見てしまいます。

 軍服ですが、私が好きなのはドイツ軍の軍服が一番好きです。

ドイツ軍の軍服

 映画にドイツ軍が登場すると真っ先に軍服を見てしまう程、好きです。

 国によって全然違うので、調べるのが楽しいです(*´∀`)

 この記事でもわかると思いますが、とてもインドアです。趣味もインドアでしかもちょっと暗いですね(笑)

 ブログはこんな感じでいいのでしょうか・・・?不安です。

 

 二回連続女性だったので、今回もファッショナブルな編集に。次回は11月の上旬に男性のS田さんが登場予定。さて、どういう編集にしようか、うむむむむ・・。(管理人:葉羽)

        
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見