トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #129 ソフトボール(2019..)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
リレー・ブログ
研修報告

 

#129 ソフトボール日和 おーち

 私は昨年の春から小学生の息子が所属するソフトボールチームのスコアラーとして試合の時にはベンチに入っています。元々ソフトボールのルールも知らなかった私がスコアラーになるとは思いもしませんでしたが、少しずつルールを覚えスコアが書けるようになりました。
スコアラーとは試合の経過や得点を記録するのが仕事です。動きの速い子供たちを記録するのは一瞬も目が離せずとても大変ですが、近い場所で試合を見ることができ、そして一緒に戦っているような気持ちになれるところがスコアラーの一番の魅力です。
時には監督・コーチの厳しい言葉に、子供たちが涙を流す場面があり見ているのがつらい時もありますが、いいプレイやヒットを打ったときの笑顔は、輝いていてとても感動します。
春からまた試合がはじまります。冬の期間も寒さに負けず厳しいトレーニングを頑張っている子供たちが一つでも多く勝ち進み、笑顔を見せてくれることを願いこれからも応援していきたいと思います。

みんな、がんばれ。


        
 
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見