トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #114 私のお気に入りのケーキ④ (2017.11.8)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#114 私のお気に入りのケーキ あっすー

 今回、ご紹介するのは、郡山市富田町にある「エスボヌール」さん。

 このお店のケーキ、どれもおいしかったのですが、特に感動的だったのが、「プリン(※商品名:くまさん)」、「虹色ジュエル」、「桃とライチのパンナコッタ」です。

 まず、「くまさん」という名のプリン。一口食べて、また買いに来よう!!と思う、とてもおいしいプリンです。口当たりなめらかなプリンの上に載った生クリームが、満足感を一層引き立てます。

 ちなみに、「くまさん」という商品名は、原材料にはちみつを使用していることから名付けられたようです。

くまさん

 次に、「虹色ジュエル」。金魚鉢の形をした容器にミントやイチゴ等のカラフルなゼリーが入っている贅沢な一品。

 『Monmo盛夏号(2017№69)』にも紹介されています。食べてみると、さっぱりとしたミントの味と、他の甘い味のゼリーとのバランスが絶妙な美味しさを奏でています♪

 私は、ゼリーは特に食べなくてもいいと思っていたのですが、この「虹色ジュエル」は、今までの考えを改めさせるものです。後日、更に2回購入して食べました(笑)

 でも、9月末までの夏季限定のため、また来年のお楽しみです。

虹色ジュエル

 そして、「桃とライチのパンナコッタ」。私は、パンナコッタも結構好きなのですが、意外と置いているケーキ屋さんは少なく、食べる機会が限られていました。また、購入して食べても、ピンとこないものばかりでした。

 ここのパンナコッタは、久々に「あ~、もっと大きい容器で食べたいな~。」と思える一品でした。エスボヌールさん、バケツパンナコッタ、つくってくれないかな…。

桃とライチのパンナコッタ

 パンナコッタといえば、イタ飯ブームが沸き起こった1990年代前半にティラミスとともに有名になったデザート。

 というわけで、エスボヌールさんの「ティラミス」の写真もおまけで載せて、今回のブログを終了させていただきます。

ティラミス



 はい、甘いもの…美味しいですね~

 だけどメタボが怖いですね~

 このメタボって、諸外国ではあまり問題にされていないようですね。もちろん"肥満"とか単独では話題になりますけれど。

 そもそも僕は、年齢に関係なく身長比で体重がいくらがいいとか、ウエストはいくらでなきゃいけないとか、どうにも懐疑的なのです。

 だって、そのとおりを目指せというなら、幾つになっても10代の体型を維持しろっていうのとおんなじじゃないですか?そんなの無理、ム~リ!

 日本じゃメタボ撲滅を主たるターゲットにした団体(日本生活習慣病予防協会とか)もできてるし、ちょっと入れ込み過ぎなんじゃないかと。

 ちなみにこの僕はメタボではありません。(えへん!)

  (管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見