トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(リレー・ブログ) > #113 自転車通勤 (2017.10.26)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

#113 自転車通勤 Hiデッタイト

 今年4月からとある事情があって、自家用車通勤から自転車通勤に代えた。

 自宅は山の高台にあり、職場は盆地の低地にある。このため、行きは3.6kmほどの坂道を下って25分、帰りはこの坂道を上って45~50分かかる。

 当初から坂道走行をどうクリアするかが非常に難問であったが、「いい運動になるでしょ」との非常に暖かい周囲の励まし?にあい、自転車通勤を始めた。

 通勤して半年、雨天の時や、たまの飲み会があるときはバス通勤になるが、それ以外はなんとか頑張っている。通勤の自転車は、最初、亡き父の愛車であったが、2カ月でタイヤが劣化して“お釈迦”。

 2台目は娘の高校の通学用自転車を譲り受け使用していたが、これまた2週間で違和感が発生(女子高生と50代後半の大人では、荷重が異なる!)して廃棄。6月のボーナスを受け、ようやく自分の体に合った自転車をゲットした。

 これで、春先は辛かった坂道も何とか登り切ることができるようになった。ただ、いまでも坂道は「ハアハア、ゼーゼー」で、家に着くと汗びっしょりとなる。

 これで体重が少しでも減れば、まだ救いがあるが、全く体重の変化がない。なんで―?としきりに思うが、体重計は間違っていない。

 夏は汗びっしょりで玄関に入るとすぐにスラックスを脱ぎ捨て、消臭スプレーをかけ、風通しのいいところで乾かす。これからは気候がいいので、風が気持ちいいだろうなとわずかな期待を寄せている。

 それと、この頃、日が暮れるのが早いので、帰り道で素敵な夜景も眺められる。自転車通勤を初めて半年、これから寒い日もあると思うが、できる限り自転車で通勤していこうと思っている。

退勤途中の夜景

 

 

 いや~いいですねぇ、景色のいい中を走り抜けて・・・って、真っ暗やん!!

 しかも、あの坂って半端じゃない勾配が。冬場はスリップする車が目白押しなので、路面に滑り止めが刻んであるくらい。(それでも滑る。)

 雨の日も風の日もここを行き来するなんて・・・考えただけでも目頭が熱くなります。(うっうっ・・。)

 それにしても奥方の言葉『いい運動になるでしょ』・・・うん、温かい励ましとも言えますが「一刀両断」とも言いますね。(世間では。)

 なにはともあれ、お身体を大切にしてくださいませね。

  (管理人:葉羽)


        
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見