トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(職員紹介) > 渡邉 春喜さん

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績

職員紹介(2017)

リレー・ブログ
研修報告

【渡邉 春喜さん】 文化財主査

 学校よりの派遣2年目になりました。渡邉春喜です。

 前年度に引き続き一般国道115号相馬福島道路遺跡調査の担当となりました。

 昨年度からの作業員さんもいるので、楽しく安全に発掘作業が終了できるように頑張ります。

 ところで昨年度は、桑折町「川原田遺跡」・伊達市「沼ケ入遺跡」「上ノ台舘跡」・相馬市「谷地中遺跡」また最後、降雪時期となってしまった桑折町「新宿遺跡」と、とても充実した発掘ライフを過ごさせていただきました。

 何もわからなかった私ですが、発掘仕事のすべてが驚きの連続で、貴重な経験をさせていただいた1年間だったと思います。

 特に今年5月17日の民報新聞に掲載された、「川原田遺跡」で発見された東北地方では珍しい「緑釉陶器の破片」(十世紀ごろ)との記事は、私が昨年人生初めて調査経験した遺跡で、感慨深く感じております。

(これは当日「yahooニュース」にも掲載されました。現場でスマホで確認してびっくり!!です。実物の破片は掲載された写真のように本当にきれいな緑色をしていました。1000年前とは思えないほどでした)

落とし穴の中の私。

桑折町:川原田遺跡にて

 ~p.s~ 

 現在電車通勤です。通勤が長いので読書をしています。

 今は「湊 かなえ」にはまっています。

 まだまだ作品はたくさんありますがとりあえず読破済みは

 「告白」「少女」「夜行観覧車」「往復書簡」「白ゆき姫殺人事件」「高校入試」・・・

 そして「リバース」は、テレビドラマ放映を待ちきれず読んでしまった。

 犯人が分かってしまって・・・・残念。

(2017.5.19掲載)

        
 
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見