トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(職員紹介) > 神林 幸太朗さん

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績

職員紹介(2017)

リレー・ブログ
研修報告

【神林 幸太朗さん】 文化財主事

 2年間嘱託職員としてお世話になりましたが、4月より正規職員として勤務する事になりました。

 本年度は須賀川市の高木遺跡の調査を担当します。

 高木遺跡は、福島に来て最初に担当した遺跡です。自分の恩師も、今の自分と同じ20歳代の時に、周辺の遺跡や古墳を調査しており、須賀川には不思議な縁を感じます。

 今年は迅速かつ効率的な現場運営はもちろんですが、「安全第一」を肝に銘じて現場を進めていければと思います。

昨年度は南相馬の皆さんに

大変お世話になりました。

(2017.5.8掲載)

        
 
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見