トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(職員紹介) > 植松 暁彦さん

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績

職員紹介(2016)

リレー・ブログ
研修報告

【植松 暁彦さん】 文化財主査

 山形から出向して早いもので2年目を迎えました。

 昨年度は、こちらの遺跡や調査方法を覚えるのと、久しぶりの独身生活への対応に、少し右往左往する毎日でした。しかし、遺跡調査部の同僚の方々から、公私ともにいろいろお気遣い頂き、楽しい1年間を過ごすことができました。ありがとうございました。

 今年度は、少しこちらの遺跡や生活にも慣れた分、少しでも福島県の埋蔵文化財調査に貢献できるよう、明るく楽しく仲良く頑張っていきたいと思います。

 よろしくお願い致します。

南相馬市谷地中遺跡にて
(木炭焼成坑の精査)
須賀川市高木遺跡にて
(冬山登山の様相を呈する)

福島市山下分室にて
(内勤の整理作業。 あれ、馬のマークが
背中に… こんな日もありました。)

福島市立子山にて
(遺跡調査部有志の古代製鉄実験での炭切り)

(2016.5.16掲載)

        
 
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見