トップページへ 組織概要へ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 遺跡調査部のご紹介(遺跡調査部の仕事)

 
遺跡調査部の仕事
これまでの実績
職員紹介
リレー・ブログ
研修報告

○文化財の保存と発掘調査
 文化財の基本的な考え方は、将来にわたって保存し活用することです。開発などによってどうしても現状保存できない場合にのみ、発掘調査を行います。
 遺跡調査部は、福島県内における遺跡の発掘調査や文化財の保存に関する次のような業務を実施しています。

        

◎調査事業グループ

■分布調査
 広域にわたる開発事業が行われる際に、遺物の散布状況や地形などから、遺跡の分布状況をあらかじめ把握します。これを分布調査といいます。

試掘・確認調査
 次に、遺跡の推定範囲に試掘坑(トレンチ)を掘って、遺跡の範囲や面積、地表面からの深さ、年代や性格などを調べます。これを試掘・確認調査といいます。試掘・確認調査の結果をもとに、発掘調査計画を立案します。

試掘調査 試掘・確認調査

■発掘調査と報告書の刊行 
 発掘調査は、開発事業などによって現状保存ができなくなった範囲を対象に行われます。
 確認された遺構や出土した遺物から、遺跡の年代、性格を明らかにし、測量、実測図の作成、写真撮影などによって記録します。
 発掘調査の成果は報告書として刊行し、記録によって遺跡の内容を後世に伝えます。

発掘調査のようす 発掘調査のようす

 

発掘調査報告書 発掘調査報告書

◎資料整備グループ

 渡利分室(福島市渡利字北ノ内)で、発掘調査で出土した文化財(遺物)の整理・保管と、白河市にある福島県文化財センター白河館(愛称「まほろん」)への搬送、遺跡等のデータベース作成業務、木製品や金属製品などの遺物がこれ以上腐ったり錆びたりすることを防ぐための劣化防止・保存処理作業を行っています。
 これらの作業が完了した文化財は、「まほろん」で展示され、皆さんの目にふれることになります。

■文化財の保存・修理
 遺跡から出土する文化財の中でも、木製品や金属製品は非常にもろく、空気にふれると急速に腐ったり錆びたりして劣化が進みます。渡利分室では、これらの脆弱な遺物を安定した状態に保つため、材質や構造の調査後、劣化防止作業や、展示に耐えうるように薬品を含浸させる保存処理を行い、大切な文化財を守っています。

発掘調査報告書 蛍光X線分析顕微鏡による材質の調査

 

発掘調査報告書 薬品を含浸して保存処理した木製の桶

■文化財の整理と「まほろん」への搬送
 発掘調査の報告書が刊行された遺跡の情報を多くの人が利用できるように、記録図面や写真資料のデータベースを作っています。これらの作業が終わると、出土品やデジタルデータを「まほろん」に送って保管し、展示や体験学習などに活用されます。

発掘調査報告書 記録図面や写真資料等のデータベース化

◎管理調整グループ

■市町村技術支援
県内の市町村から要請のあった埋蔵文化財調査へ職員を派遣して、技術協力を実施します。

        
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見