トップページへ 組織概要へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 発掘調査情報 > 令和元年度発掘調査情報 > 小和瀬遺跡

 
 <R1目次へ戻る
【小和瀬遺跡

遺跡名:小和瀬遺跡(こわぜいせき)

場 所大沼郡三島町大字桧原字小和瀬

調査原因:只見川流域の堤防建設

調査期間:4月~10月(予定)

時 代:縄文時代晩期

【遺跡の概要】 小和瀬遺跡は三島町役場の北東約8㎞に位置し、只見川左岸の河岸段丘上に立地します。古くから遺物が採集されている遺跡として有名で、
       特に東京国立博物館で保管されている土偶が著名です。


現在、遺物包含層の調査を進めています。
写真は、調査前の風景です。

(写真1)

調査前のようす

   


 
 
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見