トップページへ 組織概要へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 発掘調査情報 > 令和元年度発掘調査情報 > 銅谷迫遺跡

 
 <R1目次へ戻る
【銅谷迫遺跡

遺跡名:銅谷迫遺跡(どうやさくいせき)

場 所双葉郡双葉町郡山字銅谷迫

調査原因:中間貯蔵施設の建設

調査期間:平成30年10月~令和元年12月

時 代:古墳・奈良・平安

【遺跡の概要】遺跡の概要:銅谷迫遺跡は、双葉駅から東南東へ1.6㎞ほどの丘陵上に立地する遺跡で、昨年度から引き続いての調査となります。
       これまでの調査で竪穴住居跡14軒、掘立柱建物跡3棟などが見つかっています。今年度はさらに東側の5,400㎡を調査します。

6月5日の様子

調査区の全景です。割と平坦な場所です。

 

 

竪穴住居跡から見つかった
赤く焼けたカマドの跡です。

カマドのすぐわきからは
土器が見つかりました。

 

 

カマドのわきで見つかった土器です。

底の部分が丸く抜けていました。

 


 
 
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見