トップページへ 組織概要へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 発掘調査情報 > 平成30年度発掘調査情報 > 毛萱館跡

 
 <H30目次へ戻る
【毛萱館跡

遺跡名:毛萱館(けがやたて)跡

場 所双葉郡富岡町大字毛萱字前川原

調査原因:県道広野小高線の建設

調査期間:平成30年6月~11月

時 代:中世・弥生時代

【遺跡の概要】毛萱館跡は富岡町の南東、紅葉川右岸の丘陵に立地します。現況で堀切や土塁などの遺構が確認できます。調査面積10,000㎡のうち、昨年度は西側5,000㎡の調査を終了し、今年度は東側の5,000㎡を調査します。


(1)6月6日のようす

毛萱館跡の範囲は、隣接する東京電力福島第2原子力発電所の敷地内にまで続いています。そこで我々は東京電力の許可を得て発電所の敷地内に入り、毛萱館跡の広がりを確認する作業を行いました。





昨年度の調査で見つかっていた堀と土塁が、東京電力福島第2原子力発電所の敷地内に続いていることを確認しました。






今回新たに見つかった堀です。


(1)7月10日のようす

 調査区内の下草を刈り払い、一部では表土の掘削も開始しました。
下草を刈り払うと、館跡に伴う土塁が見つかりました。




 調査区内の下草を刈り払い、一部では表土の掘削も開始しました。下草を刈り払うと、館跡に伴う土塁が見つかりました。




 

  土塁は全長約30m、高さが1.3mあります。

 

毛萱館跡の発掘調査は11月9日で終了しました。




全長約35mある土塁と堀跡。堀底から土塁の最も高いところまでの高さは約2mです。





調査区の東端部からは門の礎石とみられる大きな石が2つ見つかりました。




門の礎石を取り外したところ、
その下からは掘立柱による門跡が見つかりました。





調査をすすめると、同じ場所から
更に古い段階の門跡が見つかりました。





  割れた茶臼です。
土坑の底面近くから出土しました。





  現地説明会(10月7日)での一コマ。
およそ80名のかたが見学に訪れました

 
 
このページのトップに戻る▲
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見