トップページへ 組織概要へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 発掘調査情報 > 平成29年度発掘調査情報 > 上ノ台館跡

 
平成27年度発掘調査情報TOPへ <H29目次へ戻る
【上ノ台館跡

遺跡名:上ノ台館跡(かみのだいたてあと)

場 所伊達市霊山町下小国字上ノ台

調査原因:一般国道115号相馬福島道路の建設

調査期間:平成29年9月~11月(予定)

時 代:古代・中世

【遺跡の概要】上ノ台館跡は、伊達市霊山町掛田の南西、中通りと浜通りをつなぐ中村街道沿いの丘陵上にある中世の館跡です。平成28年度にも本発掘調査を行っていて、今年度は2次調査になります。昨年の調査区の南に隣接する1,500㎡の範囲が対象で、城館の中心部分である平場の調査を予定しています。


 

(1)9月22日のようす

 9月11日から上ノ台館跡の調査を開始しました。現在は遺構を探す作業を行っています。
 今までのところ、城館に伴うと考えられる柱穴や、城館よりも古い時期の平安時代の竪穴住居跡が見つかっています。

 

 

このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見