トップページへ 組織概要へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 発掘調査情報 > 平成29年度発掘調査情報 > 高木遺跡

 
平成27年度発掘調査情報TOPへ <H29目次へ戻る
【高木遺跡

遺跡名:高木(たかぎ)遺跡

場 所須賀川市浜尾字高木

調査原因:浜尾遊水地内における掘削工事

調査期間:平成29年4月~平成29年11月(予定)

時 代:弥生時代・古墳時代・奈良時代・平安時代・鎌倉時代・室町時代

【遺跡の概要】高木遺跡は阿武隈川左岸の沖積地に立地する遺跡です。 平成27年度より発掘調査が行われ、今年度で3年目となります。平成28年度の調査では、竪穴住居跡80軒、掘立柱建物跡19棟、柵列3列、土坑56基、畑跡7か所、溝跡7条、土器集中地点1か所、遺物包含層1か所、土器埋設遺構1基、ピット600基が確認されています。


(6)8月24日のようす

 弥生時代の土坑(どこう)から、石鏃(せきぞく)が出土しました。この石鏃はその形状から「アメリカ式石鏃」と呼ばれ、弥生時代に特徴的なものです。

           写真1
         弥生時代の土坑

 

           写真2
         出土した石鏃

 

 

(5)8月10日のようす

 当財団の自主事業「歴史再発見ツアー」が開催され、参加した小学生のみなさんに体験発掘をしてもらいました。

           写真1
        体験発掘のようす

 

 

(4)6月30日のようす

 弥生時代後期の竪穴住居跡が、続々とみつかっています。平成27・28年度と合わせると既に10軒以上の竪穴住居跡が確認されています。

           写真1
       弥生時代の竪穴住居跡

 

写真2
弥生土器の出土状況

 

 

(3)6月6日のようす

 古墳時代前期の竪穴住居跡を調査しています。

 台付甕(だいつきがめ)などの土器が多く出土しました。

           写真1
      竪穴住居跡を調査しています

 

写真2
土器の出土状況

 

写真3
出土した台付甕

 

 

(2)5月16日のようす

 古墳時代前期の畑跡が続々とみつかっています。
 また畑の脇からは、小型土器や壷が置かれたり、埋められた状態で出土しています。

          写真1
        古墳時代の畑跡
   (黄色い円内で土器が出土しました)

 

写真2
出土した土器①
(小形の壷)

 

写真3
出土した土器②
(割った壷の底部で口を塞いでいる)

 

 

(1)4月18日のようす

 高木遺跡の第3次調査がはじまりました。

 現場作業を開始してまもなく、多数の竪穴住居跡や畑跡が検出されました。

 

 

このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見