トップページへ 発掘調査情報へ 埋文トピックスへ 調査研究コラムへ
 
 トップページ > 組織概要(設立・沿革)

 
設立・沿革
組織
事務分掌
事業計画

○設立
 本県では、昭和41年の東北自動車道、同47年の東北新幹線の敷設工事を契機として、開発に伴う埋蔵文化財の調査が大規模なものとなりました。

 その後、母畑地区(郡山市・須賀川市・石川町、玉川村、東村、中島村の2市1町3村、約4,379ha 、市町村名は当時のもの)の国営総合農地開発事業が促進され、埋蔵文化財保護行政の強化が強く望まれるようになりました。

 これに対応するために、昭和52年4月、県文化センター事業第二部に遺跡調査課を設置し、県教育委員会から委託された同母畑地区の遺跡調査を開始しました。

○沿革
年   次  出  来  事
昭和52年(1977) 財団法人福島県文化センター内に遺跡調査課設立
昭和55年(1980) 考古資料展 開催
昭和60年(1985) 岡部分室 開設
昭和63年(1988) 杉妻分室 開設
昭和63年(1988) 遺跡にみるふくしまの生活と産業展 開催
平成元年(1989) 鉄の歴史展 開催
平成2年(1990) 縄文人のくらし展 開催
平成3年(1991) 古代農村の四季展 開催
平成4年(1992) 第1回遺跡発掘成果展 開催(以後、福島県文化財センター白河館まほろんの開館まで毎年開催)
平成5年(1993) 遠瀬戸分室 開設
平成6年(1994) 市町村埋蔵文化財調査技術協力事業を福島県教育委員会から受託する。
平成8年(1996) 杉妻分室から山下町分室へ移動
平成13年(2001) 財団法人福島県文化センターの改組に伴い、財団法人福島県文化振興事業団と改称。
山下町分室と遠瀬戸分室を、それぞれ山下町調査室と遠瀬戸調査室に改称。岡部分室から渡利分室へ移動。
平成16年(2004) 遺跡の案内人(ボランティア)事業 始動 (平成20年度をもって終了)
平成17年(2005) 遠瀬戸調査室を山下町分室へ統合
平成18年(2006) 遺跡調査課から遺跡調査グループへ名称変更
平成18年(2006) 山下町調査室を山下分庁舎に名称変更
平成21年(2009) 遺跡調査グループから遺跡調査課へ名称変更
平成23年(2011) 東日本大震災
平成24年(2012) 財団法人福島県文化振興基金との合併に伴い、財団法人福島県文化振興財団と改称。
平成25年(2013) 遺跡調査課を、管理課・調査課の二課体制に変更。財団間出向により4月から4名、6月から1名の出向職員を受け入れ。
平成26年(2014) 財団法人福島県文化振興財団から公益財団法人福島県文化振興財団へ移行。財団間出向により4月から5名の出向職員を受け入れ。
平成27年(2015) 管理課・調査課の二課体制を、調査課一課体制に変更。財団間出向により4月から3名の出向職員を受け入れ。
平成28年(2016) 財団間出向により4月から3名の出向職員を受け入れ。
平成29年(2017) 財団間出向により4月から2名の出向職員を受け入れ。
このページのトップに戻る▲  
 
遺跡調査部トップページへ  (C)The Culture Promotion Organization of Fukushima Prefecture
 All rights reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ ご意見